鞄を売るなら修理したほうがいい?

 | 0

こんにちわ、修理集合の管理人です。皆さんはルイヴィトンやエルメス・シャネルといった高級ブランドの鞄を買ったのはいいがタンスにしまいっぱなしで劣化してしまった・・・などの経験はありますか?

 

購入当時は数万円から数十万円もする高級ブランドバッグ、不要になった時は買取店などでお売りに出されたりとブランド力ならではの価値もございますね。しかしベタベタになったり色褪せてしまったりした鞄って売る事ができるの?今回はそこの話題に触れてみましょう

 

 

ハイブランドバッグは修理する事で売値も上がる??

まず買取店の中でもお持込の多いルイヴィトンのバッグ。年代物で中には廃盤、いわゆる現在では製作されていないバッグでも中には根強い人気の物があり実をいうと汚れていたり壊れていても値段が付く事があります。

 

しかし買取を行う上で鞄のコンディションというのはかなり重要なポイントとなってきます。買取を行った品物は再販を行う訳ですから勿論見た目が綺麗な方が高値も付きやすいです。例えばいくら見た目が綺麗でもごく一部の革が切れていたり、ファスナーが壊れていたりすると売却時のお値段は数千円から数万円下がってしまう事もございます。これってすごくもったいないですよね?

 

そんな時には鞄修理を行い、修復を行う事で本来の価値が戻ります!ルイヴィトンのバッグは種類が豊富にありその都度トレンドも変化していきますがそれでも汚れているかいないか、壊れているかいないかとでは売却時の価値は断然変わってきます。

 

実はもう使用しないから買取店で売ろう、と検討している時にこういった目的で修理を行われるお客様もおられます。せっかくだから高く売りたいですよね!

 

 

修理金額コストと売却時の値段

上記では壊れてしまったハイブランドバッグを売却する時は鞄修理を行った方がいい、と記載しましたがそこで関わってくるのは修理に掛かる金額コストが重要になってきます。売却値段より修理金額の方が高くなってしまう場合は結局修理しなくてもいいんじゃないの?と思われる方も多いでしょう。

 

少し前のニュースなのですがフリマアプリという物をご存じでしょうか?現在ではメルカリ・ラクマといったスマートフォンアプリから個人でも自分の所持品を気軽に出品して取引が行えるというここ数年勢いを増しているフリーマーケットアプリケーションです。

 

業者参入もさることながらまだまだ一般層に向けて根強い人気を誇るフリマアプリですが、出品後取引成立で手数料は差し引かれるものの状態が良い中古美品のブランド品の取引が盛んにおこなわれていたり、消費者視点から見るとやはり安くて状態の良い物の取引傾向が強いようにも感じられます。

 

ある一定の相場はあるものの、取引メッセージで出品者と直に交渉も行える事から修理を行った状態の良い鞄でも中には購入時の半値以上の値段で取引が成立する場合もあるようです。

 

と、一例などはたくさんありますが損傷具合や修理内容ではやはり売却金額を上回る事も珍しくはありません。もし修理を行いその後鞄の売却をご検討であれば掛かる金額や売却相場など下調べをした上で行う事をオススメ致します。

 

 

鞄のベタベタは一番の減額の原因

フリマアプリで個人で不要になった鞄など気軽に出品できる時代ですが、それでも店舗を構えるブランド買取店の需要は後を絶ちません。フリマアプリでは購入後に届いた品が違っていたり、類似品であったり悪質な詐欺行為など利用客数が多い分そういったケースのトラブルも多発しているようです。

 

少し話がそれてしまいましたが鞄の売却時に一番の減額となり理由、それは傷や汚れ色褪せではなく”鞄に発生するベタ”です。長年の放置により湿気やカビの発生によりポケットや内部がベタベタになってしまい、鞄そのもの自体の使用すら難しくなるいわゆる「内ベタ」と呼ばれる現象です。もちろんいくら高級な鞄でも鞄自体が使用できなければ意味がありません。

 

ルイヴィトン製品やエルメス・シャネル製品でもベタベタが発生していると売却時のお値段は最悪数千円・・・まで落ちてしまう事もございます。しかしそのベタを改善するのは内張替え修理で鞄を修復する事が出来ます。内張替え修理を行う事によって再度鞄を使用していく事が可能になりますので特にシャネルのチェーンショルダーバッグやエルメスのケリー・バーキンといった高額バッグが内ベタになってしまった場合は内張替え修理をオススメ致します。

 

修理集合で内張替え修理を行っている店舗は

 

内張替え対応店舗一覧

 

コチラから閲覧頂けます。ハイブランドでお任せしたいときは

 

ハイブランド専門鞄修理店ベストリペア

 

がオススメです!