鞄修理は修理だけが目的ではない?

 | 0

こんにちわ、修理集合管理人です。昨日鞄修理とはいったいどのような人たちが利用されるのか?という話題に触れました。

 

多くの人は「特別な思い入れのある鞄」の修理を依頼されます。なぜなら想いは決してお金では買えない大切な物だからです。壊れてしまった鞄を持ち主がまたしっかりと思い出と一緒に使い続けていけるように修復するとてもロマンチックな修理なんですよ。

 

さて修理と一口に言っても様々な修理がありますが今回はタイトル通り「鞄修理は修理する事だけが目的なのか?」という観点に触れてみたいと思います。

 

 

損傷部位を見極めるプロの視点

そもそもなぜ損傷してしまうのか?革というのはとても丈夫ですが使用していくと必ずいつかは耐久面で限界を迎えてしまいます。その多くは「肩に掛ける為のストラップ」や「持ち手」「持ち手と本体を繋ぐ付け根革」といった部位にあります。

 

持ち手や付け根革などは鞄の荷物を支えていく上でも、最も負荷がかかる部分と言っても過言ではないでしょう。その為限界を迎え革が切れてしまう。特に多いのは付け根革の切れた修理の依頼です。

 

切れてしまった以上は新しく付け根につける為の革を制作して再度取付けを行わないといけません。中には付け根革と一体型になっているタイプのハンドルもあります。

 

では修理を行う際に単純に取り付けるだけでいいのか?実はそうではありません。修理を行う職人は鞄の構造を深く理解していますので「ただ損傷した部位を取り付けるだけではまた切れてしまう」という再発防止案も同時に考えてくれます。

 

損傷した部位に新しいパーツを取り付ける際には、補填案は様々御座いますが例えば「革を厚くする」「ステッチを2~3重にして縫い込む」など修理前より、より強固な施工を施して修理してくれます。

 

なので鞄修理は実はただ修理を行うのではなく、再度革が切れたりといった再発を防止するメンテナンスも兼ねているんです。

 

ストラップを長くしたい

実はこの案件、修理という訳ではありませんが結構お問い合わせがあるんです。「デザインは気に入っているのにストラップが短すぎて使いづらい・・・・」、「このかばんにストラップが付いてたらもっと便利なんだけどな~」といった”気に入っているのに後1つ欲しい!”といった修理ではなく改良のご要望をお客様から頂きます。

 

まず”ストラップが短すぎるから長くしたい”。こちらは管理人は過去にいくつかお請けした事例がございます。無論、革自体を長くする事は出来ませんので長いストラップは1から制作して再度取り付けるという内容になります。もちろん長くなったストラップを取付け後はお客様も使いやすそうに満足してお帰りになられました。

 

しかし制作・取付け段階で問題となるのはストラップを長くすることによって、ストラップに掛かる負荷が大きくなる事。負荷が大きくなるという事はもちろんストラップが切れやすくなるという事です。もちろん限界はございますがそれでもより長く使用して頂く為に、本体への取り付け方を改良。外側・内側から当て革を行い縫い込むことによって本来のストラップより、より強固にすることで革切れしにくくなるという熟練職人ならではの技巧が伺えます。

 

 

ストラップを取り付けたい

カバン自体は気に入っているけど最近肩に掛ける事が多くなったから肩掛け用のストラップを取り付けたい。こういったご要望もございます。

 

ご依頼された鞄はグッチのセカンドバッグの様なタイプの鞄でしたが、このかばんにストラップを取り付けたい、という案件でした。更にお客様自身からのご要望で革ストラップではなくゴールドのチェーンストラップを取り付けたいという事で依頼を受け職人とのご相談になります。

画像は当時依頼があった際に、職人さんとLINEでやり取りをしていた時の画像です。元々ストラップが無い鞄に取り付けるのですがモチロン外側や中の構造がそれに適したものではなく「取付けを行っても鞄自体が荷重に耐えれず切れてしまうかもしれない」「特にチェーンストラップとの耐久バランスが取れない」といった施工後の懸念がありました。

 

しかし先と同様せっかく取り付けるのだからできれば長く使用してもらいたい、革切れなどの防止を行いたいという職人の目利きもあり、外側内側に深くステッチを縫い付け当て革を内袋の更に内側に縫い付ける等、単純に取り付けるというだけではなくちょっとしたポイントで職人の技が出ます。しかしそのちょっとしたというところが素人には出来ないプロの技と発想と言えるでしょう。

 

取付け以降はお客様からもご満足の行く感想を頂き、使用後も切れてしまったという報告はございません。使い勝手が良くなってとても喜ばれておられました。

 

 

大切なカバンは改良もできる!

上記の様にデザインは気に入っているのに少し使いづらい・・・といったお悩みをお持ちの方もおられるかもしれません。鞄修理店は修理だけではなくお客様が使用しやすいように改良も行えるお店がございます。このかばんをこうしたい!という思いがあれば一度修理店をお探しになってみてください!きっとお悩みを解決できるお店が見つかります。

 

修理集合では大阪府の鞄修理店を多数掲載しておりますので是非ご利用してみて下さい。鞄の改良やリメイクを行っている修理店はコチラから!

 

https://xn--8uqs8tvrw5g5alob.com/shurishugo/remake