PVC・PUとは?合成皮革の違い

 | 0

こんばんわ、修理集合管理人です。今回は合成皮についてのお話をしたいと思います。皆さんも人生の中で一度は合成皮という言葉を聞いたことはあるんではないでしょうか。

合成皮っていうと自然の生物から取れた本革じゃなくて、人工的に作られた皮の事ですよね。

その通りです。合成皮は布地をベースとしてその上から合成樹脂を塗り表明層を天然革に似せて作られた人工の皮です。人工"皮"と呼んでいますが合成樹脂には塩化ビニールやポリウレタン樹脂が使用されているので厳密には「ビニール製」や「プラスチック製」となります。

見た目が本革に似せられているからたまに合成皮なのか天然革なのかわからなくなっちゃう時があるんですよね~。

樹脂を表面に塗って型押しをすることで本革に見せているわけです。最近の合成皮は特にリアルに作られていますからね、合成皮と本革の見分け方のご紹介はまたいずれ・・・(笑) 合成皮は別名フェイクレーザーとも言われてソファーやバイクのシート、カー用品等に使用されています。」

ハンドルカバーとかソファーとかによく見かけますよね!でもPVCとかPUとかって一体何のことなんだろう・・・?

PVC・PUは素材の差が御座いますがそれぞれ合成皮の種類の1つです。まずは言葉の意味をご紹介しましょう。

PVC・・・布地の表面に塩化ビニール樹脂を塗り質感を天然の革に似せた人工素材です。ポリ塩化ビニール(Polyvinyl Chloride)の略称PVCとなります。

PU・・・布地の表面にポリウレタン樹脂を塗り質感を天然の革に似せた人工素材です。ポリウレタン(Polyurethane)の略称PUとなります。

素材の英語から取った名前でPVC・PUだったんですね!塩化ビニールとかポリウレタンってご紹介されてるけど一体何が違うんですか?

今回のお話のまさに核心ですね。PVC・PUと素材がわかっても何が違うのかは普段あまり気にするところではないですよね。素材によってそれぞれメリットデメリットが御座いますのでご紹介していきましょう。

PVCのメリット・デメリット

(メリット) PVC製品は比較的安価で販売されていることが多くPUより表面層が固く、つるっとした手触りが特徴です。耐久性に優れていて汚れも付きにくい為、釣り具用品やソファー、カー用品に多く取り入れられていますが水や中性洗剤で汚れを落とす事が出来るのでメンテナンスが非常に楽です。カビやダニの発生も少なく加工性も優れているのでDIY等、子供のいるご家庭には適した素材です。

 

(デメリット) 表面層が固い事から柔軟性・通気性・弾力性にはPU素材には劣ります。ソファーなどに使用されている場合、長時間座っていると接地面が蒸れて来たり梅雨時期の湿気の多い季節には不快感を覚える人もいるかもしれません。また表面層の固さから経年によってカチカチになってしまったり表面コーティング部がひび割れてしまう等の劣化が見える事からある種傷みやすい素材と言えるでしょう。

 

以上がPVCのメリット・デメリットとなります。デメリット説明で傷みやすい素材と記載しましたがそれ以上に安価で手に入りやすく丈夫な素材ですのでご満足は出来るかと思います。

PUのメリット・デメリット

(メリット)別名フェイクレザーとも呼ばれPVCとは半面、柔らかくもちっとした手触りが特徴的な素材です。見た目と質感は本革と近く弾力性や柔軟性に優れておりソファーなど家具製品に適しています。またPVCと比べて通気性も優れています。撥水性も高いので汚れてしまった時にはお手入れもしやすいですが基本は乾拭きで汚れを取りましょう。

 

(デメリット)PVCと比べて経年劣化が少ない素材となりますが、本革と比べると耐久力は落ち、湿気が多い場所では"加水分解"という水分との化学反応が起きてしまい表面層がボロボロになってしまう場合があります。耐久力自体は本革・PVCと比べると弱くなりますが柔軟性に優れていて本革に近い質感を出せる事から上質な合皮素材と言えます。

同じ合皮素材でもそれぞれ一長一短があるんですね!あまり意識して見る事はなったですけど特徴を抑えておけば環境に合わせて素材選びが出来そうです!

PVC・PUは価格の差違や柔軟性・手触りなどそれぞれ特徴がハッキリしているのでソファーなど家具選びの時にはどちらがご自身に合っているか探してみてください。今回は合皮のPVC・PUの違いのご紹介でした。