実は簡単!ファスナーが閉まらない時の対処法

 | 0

皆さんこんにちは、管理人です。今回はタイトルにある通りファスナーが閉まらなくなってしまった時の対処法をご紹介したいと思います。

ファスナーって色んな製品に使用されていますもんね!鞄や財布はもちろん、服にだって使われているし、女性の場合だとブーツにもよく見かけますね!

まずファスナーと一口に言っても、皆さん漠然とあの全体像を"ファスナー"と捉えていますよね?もちろん間違っているわけではないのですが実は各部位に名称があるのです。後の解説の為にまずは各部位の名称を紹介致します。

えー!エレメント・・・テープ・・・。意外と知りませんでした!確かにファスナーって全体でファスナーと認識してました!

修理のお問い合わせではよく電話口で「ファスナーが壊れたので修理をしたい」と言われる事があるのですが"ファスナー"の"どこ"が壊れたのかによって修理方法も多少異なるので修理店からすると少し困っちゃう場合があります。「持つ所が取れた」という返答も頂く時がありますが全体像すぎて少しイメージが難しいですよね(汗 そんな時に各部位の名称を覚えておけばスムーズにお問い合わせが進むと思いますよ。

間違えて伝える事によって修理金額も変わっちゃうかもしれませんしね!今度依頼する時はしっかりと名称を伝えるようにします!

ありがとうございます(笑 では早速今回の本題「ファスナーが閉まらなくなった時の対処法」をご紹介したいと思います。今回はご自分のご自宅でも行える簡単な方法なので是非実践してみてください。

ファスナーが固くて閉まらなくなってしまうのは、エレメントと呼ばれるスライダーを引っ張って開閉を行う金具部分のかみ合わせが悪くなってしまう事にあります。ではなぜ固くなったり閉まらなくなってしまうのか?これは洗濯やクリーニングなどが原因で付いている油分が無くなってしまい結果としてファスナー自体が固くなり閉まらなくなってしまうのです。

そうなんですね!触ってもそんなに気にならなかったけど油分があるんですね・・・。でも衣類とかは洗濯しちゃうからどうしても落ちてきちゃうんじゃ・・・?

財布や革製小物ならともかく衣類関係は性質上どうしても洗濯関係で落ちてきてしまうのは仕方のない事ではあります。少なからずファスナーも消耗品ではありますしね。それを踏まえた上でご紹介するのはコチラです!

蝋燭???しかもこれってよく家にもある仏壇用の蝋燭じゃないですか?

そうです蝋燭です。しかもコンビニやホームセンターなど身近なところで買えちゃうモノです。ファスナーが固くて閉まらなくなってしまった場合、実はこれをエレメントに塗ると滑りが良くなってスムーズに開閉が行えるようになるんです!

えええー!そうなんですか!?身近な物を利用して便利になるなんてなんだか〇藤家の食卓みたい・・・笑

蝋燭でエレメントをコーティングする事によってファスナーは半永久的に使用する事が可能なんですよ。なので買ったばかりの品物がある場合は油分が飛ばない様に、買った直後に蝋燭で塗るようにしてください。もちろん塗る前には、必ずファスナーがしっかりと噛み合っているかを確認してから塗るようにしましょうね。

エレメントに塗る時は仏壇用の蝋燭じゃないとだめなんですか??

そんな事はありませんがアロマキャンドルや色付きのオシャレな蝋燭で塗る場合はファスナー自体に色や匂いが付いてしまう場合があるので、なるべく白い無臭の蝋燭を使用するのが良いと思います。塗る際もあまり強くこすり過ぎると粉が周りに飛んでしまうので出来るだけ優しく塗るようにしましょう。

蝋燭だと近場にお店があるとすぐ買えちゃうし、わざわざ街に出て修理店に行かなくてもこれなら自宅で出来ちゃうから簡単ですね!

蝋燭を塗る際は、何度かこすりつけてファスナー開閉を行って下さい。徐々に馴染んできて最初は固くて使いづらかったファスナーも滑らかになりますよ。今回はご自宅でも手軽に行えるファスナーが閉まらなくなった時の対処法でした。