ルイヴィトンの染め直しについて

 |  |  | 0

こんにちわ、管理人です。今回は「ルイヴィトン製品」についての染め直しについて

ご紹介致します。愛用者が多いルイヴィトンですが長く使用していて

見た目がボロボロになってきた・・・でももっと長く使いたい!とお思いの方も

多いのではないのでしょうか?ルイヴィトンは多数のラインがある為、染め直しや染め替えを

行う場合でも手法や注意点が各々変わってきます。

ルイヴィトンで一番多い染め直し依頼は「エピライン」となります。こちらは横にシマの様な独特の型押しレザーでデザインされていて

カラーバリエーションも豊富かつ凸凹模様のレザーは硬く丈夫で、クロム塩と植物タンニンでなめし特殊加工により染色されています。

また無地の為施工が行いやすく、数多くの鞄修理店で染め直しや染め替えの対象となっております。

例えば染め替えを行いたい時、黄色から赤色や緑から黄色に染める事もできるんですか?
女性
女性

残念ながらエピラインに限らず、全てのバッグに言える事なのですが無地だからと言って何色でも染め替えれる訳ではありません。

「明色」「暗色」という物があり明色は白、暗色は黒といった感じです。基本的に暗色から明色に染める事はできません。

絵具と同じように、例えば赤色の鞄を青色の染めようとしても色同士が反応して紫がかってしまった色になってしまう可能性があります。

へぇ~!じゃあ黒色の場合は一番暗い色だから他の色に染める事はできないんですね!
女性
女性

その通りです。逆に言うと白色は一番明るい色ですから何色にでも染める事が可能です。色に関してはレザーの状態や

使用されている染料によって染め上げた後の反応が個別に違うのでまずは修理店のスタッフさんにご相談してみるといいですよ。

続いてお問合せとしてよく聞かれるのがルイヴィトンの「モノグラム」「ダミエ」生地での染め直し・染め替えとなります。

ダミエやモノグラムはルイヴィトンの代名詞ともいえるくらい有名なラインで鞄や財布でご使用されている方も多いと思います。

私もダミエの鞄が汚れてしまったので綺麗にしてもらおうと問い合わせた事がありますがお断りされてしまいました・・・
女性
女性

ルイヴィトンのモノグラム・ダミエシリーズはトアル地と言って、綿を樹脂で加工した合成皮革素材になります。

素材自体は丈夫で製品も長持ちするのですが、変色やシミが出来るとメンテナンスが難しい為に修理取扱いが出来ない所が多いです。

じゃあモノグラムやダミエ製品は一度汚れてしまうともう綺麗にすることが出来ないのでしょうか?
女性
女性

そんなことはありません。無地ではなく柄ものなので完全に綺麗に改善するのは確かに難しい部分もありますが、中には

染料を使用して汚れが目立たなくなるまで補正を行っている店舗もございます。

よかった!諦めずに修理店さんにご相談してみようとおもいます!
女性
女性

続いてルイヴィトンの染め直しで依頼が多いのは「タイガ」ラインの案件です。こちらはモノグラムやダミエと比べると

無地の素材となるのでエピラインと同様、染め直しが行いやすい部類となりますね

黒系の印象が強いですが、大人の男性っぽいイメージが強くてスタイリッシュなラインですね!
女性
女性

型押しLVロゴがワンポイントとして入っていて、ビジネスバッグで使用されている方も多いですね。

エピラインの横縞模様とは違うシボ加工が施されていてこちらもタイガ特有の表情ですね。

シボ加工についてはコラム「>シボって何?」を見てみてくださいね。

一見、染め直しを行うのに問題無さそうな感じですけど何か注意すべき点があるのでしょうか?
女性
女性

もちろん通常通りに染め直すのにタイガラインは問題ありません、が先ほど出した「シボ加工」。そして型押しされているLVロゴ、

この2つはタイガラインの最大の特徴と言ってもよい部分ですが、実は染め直しを行うには塗料を重ねる必要がある為、

シボや型押し部分の凹みに塗料が入り込み、特徴であるシボやロゴの立体感が薄くなってしまう可能性があります。

確かにせっかくの特徴のある部分が薄くなってしまうとせっかくのルイヴィトンなのになんだかもったいない気がしちゃいますね。
女性
女性

そうですね。タイガに関しては染め直しににおいて一番注意するポイントではありますがご安心ください。

薄くなると言っても微々たるものですので、事見た目において変化はほぼわかりません。タイガの良さを残しながら綺麗に

染め上げる事も可能ですよ。

ルイヴィトンの中で全然問題無さそうなカバンでも職人さんはは色々気を付けるポイントがあるんですね!
女性
女性

革は日常でのコンディションや素材・デザインで似た様な鞄でも気を付けるべき点が各々変わります。

ルイヴィトンも同じく使用されている素材や鞄の種類によって工程や修理の有無が変わってきます。

大切なカバンが壊れてしまった時はまずは修理ご相談をしてみましょう!