コバって何?

 |  |  | 0

こんにちわ、管理人です。

今回は「コバ」についてご紹介を致します。

コバはバッグはもちろん財布やベルトなど革製品ではほぼ施されている

見た目も機能性も兼ね備えた重要な施工部位の一つです。

「コバ」とは?

コバとは感じで「木端」と書き、革製品の端っこや切れ口・切れ端などの意味合いを持ちます。この部位は革と革が重なってできた端っこの部分をニスなどで加工し見た目でだけではなく、製品自体の強度も補う2重の役割を果たしており、とても重要な部分となります。そしてこの部分はとてもデリケートかつシビアな部分でもある為制作した職人のこだわりが見える部位ともなっております。

コバ加工は有名な3種類

「コバ磨き」

そのまま読んでの通りコバを磨く処理の事を指します。切りっぱなしのコバは羽毛だっていてゴワゴワとした見た目と手触りとなっています。切り口を薬剤などで彫刻刀・ヤスリ等で磨き上げていく手法となります。切れ端を薬品で引き締め、磨きまた薬品を塗り込むという作業をを何度も繰り返し、作業の工程中に革を乾燥させる必要がある為、とても手間がかかる作業となります。が、コバ磨きは最も自然な仕上がりとなる為、職人さんのこだわりが見える手法です。

「コバ塗り」

革の切れ端・切り口・断裁面にニスや染料・顔料等でコーティングを行い、コバを滑らかに仕上げる手法が「コバ塗り」となります。こちらも職人さんの腕が顕著に表れるところでムラがなくコーティングが均等に仕上がっている製品には職人さんのこだわりが見えます。コバ塗りはとても上品かつつややかな仕上がりになります。

「ヘリ返し」

最後の手法はヘり返しです。薄くすいた革を、端っこでクルっと巻き込んでいて縫製するコバ処理の方法です。ヘリ返しの特徴は同じ革素材がが裏地にも見える為、色や素材的に統一感が出てまとまった印象が与えられることです。裏地に隠れてしまう為、外観だけ見ると差はありませんがご自身で使用する際にはとても愛着が生まれる手法となります。

いかがでしたでしょうか?今回は革製品に用いられる手法「コバ」についてのご紹介でした。

豆知識コラムは随時更新致しますので是非是非チェックしてください。