>革鞄を長持ちさせる秘訣

革バッグのお手入れ方法!長持ちさせる秘訣とは?

レザー革は動物によって模様やツヤ、質感が異なり、シンプルでありながらラグジュアリーな雰囲気が多くの人を魅了しています。
大阪エリアでも高級ブランドの革バッグを持っている人は多いのではないでしょうか?
丈夫な素材と言われていますが、長持ちをさせるためには正しい手入れが秘訣です。
もし、手入れが不十分な場合は持ちが悪く、鞄修理、リメイク、染め直しで解決する必要があります。
それでは、革バックのお手入れ方法をご紹介しましょう。

■革の基本的なお手入れ方法

革の鞄は丈夫ですが、表面に傷がつきやすい欠点を持ちます。
なので、月1回のペースで定期的に手入れをすることが、長持ちのポイントです。
大阪エリアでは高級ブランドレザーバッグを頻繁に使用される方も多いと思われるので、基本的な手入れに必要なものと手順を見ていきましょう。

【手入れに必要なもの】

・ブラシ(柔らかい馬毛がおすすめ)
・革用オイルクリーム
・オイル用、乾拭き用の柔らかい布やクロス
・防水スプレー(フッ素系)

【手入れ手順】

1.乾拭きとブラッシング
まずは柔らかい布やクロスで優しく表面を乾拭きして、その後にブラシを使って丁寧にブラッシングしていきましょう。
傷付きやすいので力を入れ過ぎないように注意してください。
この手入れは、できる限り使うたびに行うと良いです。

2.オイルを塗る
1回1円玉程度の少量のオイルクリームを布に乗せ、薄く全体に伸ばしましょう。
クリームが多いとシミになりやすいので量に気を付け、はじめは底など見えにくい部分から塗り始めるとシミができても目立ちにくいので安心です。
全体になじんだら乾くまで放置してください。

3.防水スプレーをかける
オイルクリームが乾ききったら、水濡れ対策として防水スプレーをかけましょう。
水だけではなく、汚れも防止することができます。
シリコン系はシミになるので、フッ素系を使用してください。

■水濡れや傷の対処方法

水濡れによるとシミに困っている人は大阪でも多くみられますが、正しい手入れで対処できます。
手入れ方法は濡らした布巾でバック全体を水染みと同じくらい拭いて馴染ませ、シミの目立ちをなくしましょう。
ドライヤーなどで熱は与えず、乾いたタオルで叩くように水気を切り、風通しの良い場所に陰干しでしっかり乾燥させてください。
乾燥後は通常の手入れと同じくオイルクリームを塗って乾かせば完了です。
鞄に浅い傷や汚れが目立つ場合は水拭きをすると傷口が馴染み、目立ちにくくなるので試してみてください。
深い傷はお手入れで対処することはできないため、鞄修理、リメイク、染め直しでの対処が必要です。

大阪で鞄修理、リメイク、染め直しを希望されるのであれば、ベストリペアにお任せください。
扱いにくい高級ブランドや革バックの傷や持ち手、ファスナーの破損、色褪せや落ちない汚れなど、鞄のお悩みに対して鞄修理、小物や新デザインへのリメイク、元の色に染め直し、違う色に染め替えという形で解決していきます。
レザーバッグは深い傷が目立ちやすいですが、リメイクで傷をカバーしながら新しいアイテムに替えることができ、小さな傷は染め直しや染め替えでカバーできることも多いです。
壊れやすい持ち手やファスナー、内側の張り替えといった鞄修理も同時に行えるので、大阪エリアに対応しているベストリペアへ気軽にご相談ください。