“皮”と”革”の違いについて

 | 0

こんばんわ!
ベストリペア近鉄八尾店の木村です!
昨日は少し暖かったのですが本日はまた
少し気温が下がり肌寒い一日となっておりますね!

気温が変わりやすいこの時期は体調を崩しやすい
時でもありますので皆さん是非風邪などには注意しましょうね!

ブログ用
さて、本日は「皮」と「革」についての
違いをご説明したいと思います!

皆さん何気ない日常の中で
「皮鞄」や「革製」など
同じ革なのになぜ字が違うのか?と
疑問に思ったことはありませんか?

実はこの「皮」と「革」は似て非なるモノなのです!

皮とは生物の皮膚の事で、僕たち人間の皮膚もこの「皮」に
当てはまります!
そして「革」とは「皮」を鞣す事によってバッグや靴、衣類などで
使用できるようにした素材の物を「革」と呼びます!

簡単に言うと
生き物から剥いだ物が「皮」で、そこから生まれる素材が「革」となるのです!

・上記に記載した「鞣し(なめ)」とは
動物の皮はそのまま放置してしまうと腐ってしまったり
乾燥した所に置いておいてしまうと水分が抜けて固くなって
割れてしまったりしてしまいます。
この様な劣化を防ぐために、生の皮の安定した性質の素材に変える工程が
「鞣し」呼ばれます。

時の通り”革を柔らかく”と書いて鞣しですね!(∩´∀`)∩
皮と革の違いについていかがでしたでしょうか?

ベストリペアでは革製鞄の染め直しを中心に修理を行っております!
是非是非お気軽にお問合せ下さいね!